sirenが第8回フクオカRuby大賞で大賞を受賞しました!

3次元幾何演算スクリプト環境「siren」が、第8回フクオカ Ruby 大賞でグランプリとなる大賞と福岡県知事賞を受賞しました!

2月9日に Ruby コンテンツフォーラム FUKUOKA 2016内で行なわれた授賞式に出席し、各界でご活躍をされているたくさんの方々ともお会いすることができました。

siren は dyama が日頃、造船分野における CAD システム開発業務を行なっている上で必要とされているニーズをカバーするよう設計しており、造船といった重工業だけではなく、3次元モデルを取り扱う金属加工、建築、さらには学術研究、ゲームや CG アニメーションといったシミュレーション分野など、幅広い分野でも応用が効くよう実装を進めており、その将来性について大いに評価していただいた点が今回の受賞につながったと感じております。

今回このような名誉ある賞をいただいたことを糧とし、Ruby を新たな分野で活用することができるよう邁進していきたいと思います。

siren の開発にご助言をいただいた方々、Ruby 関連でご活動されている方々、Open CASCADE S.A.S. の方々、開発以外でもいろいろと手伝ってくれた家族、そして何よりも siren を使っていただいているユーザーの皆様に感謝の気持ちがいっぱいです。

ありがとうございました!

コメントを残す